おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私が語りはじめた彼は

あなたには「語れる人」がいますか?
えへへ、おざくです。こんにちは。

ある人を語るには、それなりに知っていないとできないよね。
家族以外に「語れる人」、いるのかしら私。

私が語りはじめた彼は 三浦しをん

2005年本屋大賞ノミネート作品です。
大学教授村川と関係のある人(家族、不倫相手の夫、職場の後輩)の
日常と村川への想いが書かれています。
みんなが村川に振り回されているようで、だけど、村川はでてこない。
不思議な構成でした。

結局、この彼がどんな人なのか
よくわからなかったよ。

一つだけ確かなのは、
「来るもの拒まず」の精神は、本人が思う以上に周りを振り回すってこと。
モテモテの諸君、気をつけたまえよ(しをん風)

勝手に評価:★★★

私が語りはじめた彼は 私が語りはじめた彼は
三浦 しをん (2004/05/25)
新潮社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。