おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくら


どうもこんばんは、おざくです(ノ´∀`*)
せっかく書いたのに、間違っちゃって

。・゚・(ノД`)・゚・。

記事消えちゃった

気を取り直して、もういっちょ。

さくら 西加奈子


感動的な物語って感じで話題になってました。ちょっと前に。
ようやく借りれて、ドキドキわくわく読みました。

感動的だったか?と聞かれたら
うーん、どうかな。
どっちかって言うと、衝撃的かも。
お兄ちゃん、きっと良くない事が起こるんだろうって思ってても
あんなになっちゃうとはなぁ。

文体のせいもあるのかもしれないけど
ちょっとマンガチック。
妹の奇行とか、周囲のリアクションとか、
先が読めちゃうっていうか・・・。

妹に対する違和感、主人公に対する不甲斐なさ
そんな印象を抱きながら読んだので
感動の涙にはなりませんでした(残念
つまらなくもなかったけど(微妙

勝手に評価:★★

さくら さくら
西 加奈子 (2005/02)
小学館

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。