おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1リットルの涙


あー今日もあと数十分ですね。おざくです。
こんばんはー。

今日テレビでね、先週のまとめみたいなのやってたの。
サッカー。負けちゃったやつやってました。
私、申し訳ないくらい興味が無いんです。ほんと。
出場国全部言えないし。
だから特に見るともなく聞いてたらね、
ね。

「負けたくせにみっともない!」

えー??!
てな発言をコメンテーターさんが言ってました。

中田さんゴロン事件。
とでも言いましょうか。

みっともない。さっさと引き上げろ。
てなことを言ってたんですよ。

私、中田選手のことは顔しか知らないけど(恥
なんか嫌な気分になりました。

選手の努力や気持ちって、その人じゃなきゃわかんないと思うんです。
なんかさ、負けた試合の分析をテレビでわかった風に言ってるのも
好感持てません。
だったら、あなたやってみなさいよ。

てな感じで、今回ご紹介するのは
それこそ当事者じゃなきゃ書けない文章です。

「1リットルの涙」 木藤亜也


ドラマは見てないんです、私。
Amazon情報だと、原作とドラマはちょっと違うようで(当然
でも、ドラマも良いよ、みたいな感じでした。
(気になる人は下の本の写真をクリックして飛んで下さいね。)

高校受験目前の女の子が
体の異変に気付くところから始まります。

日記なの。

素直な女の子なんだなぁ。
自分だったら、どうだろうな。
親も辛いなぁ。なんて思いつつ読みました。

私、仕事で彼女と同じ病気の人と何人か会いました。
その度に・・・・・
まぁ、私の事はいいでしょう。

医療は日進月歩と言いますが、
本当に早く良い治療方法が見つかることを願います。

私はこの本読んで泣きませんでした。
逆に、よし頑張ろうって気持ちになりました。

最近ダルイわ。って人にこの本を処方します。
勝手に評価:★★★



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。