おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウランバーナの森


「ウランバーナの森」(奥田英朗 著)

はい。
作者繋がりです。「空中ブランコ」の奥田氏の作品です。


ジョン・レノン?!
ビートルズが好きな人には、ある意味おもしろいかも。
よく調べてうまく書けてマス。

なーんて、偉そうなコメントしちゃいました(´▽`*)アハハ


随分前に「僕たちの時間」っていう映画観たんだけどね、
それ思い出しちゃった。
「僕たちの時間」は、ジョンとブライアンの旅の話だったような・・・。
なんせ10年以上も前のことだから、あやふやですが。
違ってたらゴメンよ。

イアン・ハートがジョン役だったんだけど、良かったよ。
ちょっぴりゲイちっくな感じで。
でも、いやらしくないから大丈夫(何

TSUTAYAには無いかもね。
あ。ゲイちっくだからって言うんじゃなくて、マイナーだからさ(汗
あるのかな~。


で、この本はですね
ジョンの空白の4年間を書いているらしいです。
でも、そんなこと知らなくても、楽しめます。
うーん、知ってたらもっと楽しめるのかなぁ・・・・。
ラストがね、胸がほっこり暖かくなりますよ。
伊良部ワールドとはまた違った味わいがありました。

勝手に評価:★★★


20051010010151.jpg
左は単行本 右は文庫本 どちらも講談社
私は単行本を読みました

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。