おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疾走

こんな時間にブログなんて久し振り。
どうも、おざくです(ノ´∀`*)
明日、お休みなんですよー。
だらだら休日前を満喫しています。

普段、いかに早く寝るか必死な毎日なんですけど、
思えば学生の頃って、深夜番組すっごく見てたなぁ。
「ナイトヘッド」とか(古っ

今日紹介する本はね、映画になってたんだって(知らなかった
で、豊川悦司が出演してるの(ナイトヘッド!

「疾走」 重松清 著


まずね、これ

表紙が 怖っ

まじで、ほんと。インパクトありすぎ。
で、久し振りの長編小説でした。
少年がさ、主人公がさ、ありえないような境遇なんだよね。
ヒドイの。
もうね、そりゃないよ、ってくらい痛かったです。

映画になってたの知らなかったので、
さっそくググッてみました。

神父役が豊川悦司っていうのは、いいかもいいかも。
で、中谷美紀がぁ~!!て感じです。
中谷美紀見たーい。関西弁しゃべるのかしら・・・・。
でもこれ、忠実に映画化するにはエグイ描写ありでした。

全体的に重いので、パワーのある時にどうぞ。
勝手に評価:★★★

20060417002349.jpg
重松清 著(角川書店)

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。