おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土の中の子供


どうもこんにちは、おざくです(ノ´∀`*)
コンタクトを使い切っちゃったので、買いに行ったらね、
視力、落ちてました。

なんか、ショック。

しかも、角膜傷ついてました Σ(´д`ノ)ノ
定期健診、ちゃんとしようね。

で、そんな凹んだときは、これ、読まないほうがいいかもです。

「土の中の子供」 中村文則


第133回芥川賞受賞作、驚異の新人27歳!
ということで、読んでみました。

タイトルからして、明るくはないだろうな・・と思ったけど、
なんかね、暗いとか重いとかっていうのとも違う感じでした。

「なんだ?」「だから何なんだ??」

みたいな。
よくわかりませんでした(オイ

とにかく読後感が悪く、ある意味すごいパワーだったけど
個人的な好みとしてはアウトでした。
薄いので、すぐ読めます。話のネタにどうぞ。

勝手に評価:-☆

20060408151500.jpg
中村文則 著(新潮社)

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。