おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンさんの小さな子


どうも、どうも、ご無沙汰してました。おざくです(ノ´∀`*)
あのねー、3週間休みが無いってどうよ。
3×7=21 って思うでしょ。
そうじゃ無いんだなー。
21日プラス5日で26日!!

。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)

そうよ、約1ヶ月 お休み無しでした。
本を読む気力も無くなりつつありました。

で、ちょっとおかしくなったのか
久し振りの洋書でございます。

「リンさんの小さな子」 フィリップ・クローデル著


これね、フランス人の小説なのね。
この人の前作がとても話題になっていたので読んでみました。
私、フランス映画大好きなの。
だから、ちょっと期待してたら、期待通りでした(´ー`)

なんとも言えない。
読んでってしか言えない。
ただ、万人向けでは無いでしょうね。たぶん。

そうそう、人生って切ないもんだもんね。


リンさんみたいになっちゃうかもしれない精神状態のおざくでした。

あー。
弱ってると量書けないな。はああ。

またねー。
勝手に評価:★★★

20060406235631.jpg
フィリップ・クローデル 著 (みすず書房)

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。