おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100回泣くこと


次、いつ書けるかわかんないからね、更新、更新。
立て続けに書いちゃうよ、おざくです。

ちょっと経つと忘れちゃうからね。
面白くないと、特に(オイ

「面白そー」って思って借りたビデオを見てて
あれれ?

・・・・・?!

やっぱり・・・

前に観てたよ。同じの借りちゃったよ。ての、ありませんか?
無い?ほんと?私だけですか?ははは。

まぁ、いっか。

久し振りに恋愛小説読んじゃったよ。
「100回泣くこと」中村航 著


タイトルでわかるように、悲しい内容なんですけど、
妙にさわやかなんですよね。
うん。
嫌な感じじゃなくて、何て言うかな、さっぱりしてるっていうか。
清潔な感じ。

私、「世界の中心で~」は面白くなかったの。
良さが分からなかったの。
だから、今回もそんな恋愛話なのかしら・・・なんて
期待してなかったんだけど、悪く無かったよ(エラソー

印象的だったのは、内容と言うより、
バイクをね、「人の字を逆に書くようにして方向転換する」って文。
うまい、うまいー。
と、ツボの外れたところで絶賛している私って・・・・。

個人的には、村上春樹氏に通ずる雰囲気を感じました。
さらりと読めます。

勝手に評価:★★★

20060127195247.jpg
中村航 著(小学館)

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。