おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川の名前

うーん。久しぶりです。
8月に無事出産を終え、先月から仕事復帰しました。

子どもを産め産め、って言うけどさぁ・・・て不満いっぱいですよ。
まず、お産できる病院が少なくて、分娩予約が取れないかも!!で大慌て。
無事に産めたものの、保育園は入れなくて待機中。
どうにか保育ママさんに預けられたものの、費用は保育園の倍額(痛
小児科は少なくて選べないし、待ち時間は長くてこどもはぐったり。

妊婦健診費を増額している場合じゃないってば(怒
ほんと、トンチンカンだよなぁ。
産んだ後が大変なんだって。お金よりサービスなんだってばよ。
と、若干怒り気味の今日この頃です(`ε´)

とりあえず通勤=読書時間が再開したので、ゆるゆる更新していきマス。

川の名前 川端裕人

主人公は小学5年生の男の子。
両親は離婚していて、カメラマンの父親と暮らしているため転校が多い。
そんな脩くんが、初めて父親と離れて過ごす夏休みの物語。
夏休みの自由研究を通して、友情やら親子関係やら
小学生らしい悩み方と気持ちが読後の爽やかさを誘います。

あぁ、小学生の夏休みって・・・・・
て、読者はみんな自分の小学生時代がフラッシュバックするんじゃないかな。

キラキラして暑かったプール帰り。
小学生の時って一日が長かったよなぁ。
なんて、思いながら読み終えました。

タイトル「川の名前」って何だろうと思って読み始めたけど、
このタイトルのメッセージって、奥が深いです。
自分って何者?居場所はどこなの?みたいな。
内容を書いちゃうとつまらないので、気になる方は読んでみてください。

ハラハラドキドキ、ドラマチック、では無いのに
ついつい先が気になって読んでしまう不思議な作品でした。
アマゾンのレビューで評価が高いので、期待しすぎちゃった感はあるけど
なかなかでした。
勝手に評価:★★★

川の名前川の名前
(2004/05/19)
川端 裕人

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。