おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やがて目覚めない朝が来る

ハムにマヨネーズを塗って大葉をのせてクルクル巻くだけ。
これが意外とおいしくて、驚きでした。箸休めにどうぞ。
おすすめ手抜きレシピ募集中でござる。

家事って苦手というか嫌いなんだけど、
休日が掃除・洗濯・買い物・料理で終わろうとも、
ほんとは幸せなんだろうな。
と思わないと、やってられない時ってないですか(ノД`;)

幸せは健康と似ている。
失って初めて、その存在に気づくのだ。
そうだよね、ツルゲーネフ。

日常を淡々と書いた物語。
やがて目覚めない朝が来る 大島真寿美

主人公有加の祖母蕗さんは伝説の大女優。
両親の離婚をきっかけに、母親と蕗さんの家に住むことになる有加。
蕗さんと彼女を取り巻く人々との日常について、有加の成長とともに書かれています。

目覚めない朝が来るまで生きているんだ。
誰にでも目覚めない朝は来る。
決して特別なことじゃない。

うーん、淡々とした物語って嫌いじゃないけど
この作品はちょっと退屈でした。
でも、「死」を「目覚めない朝」と表現したのは、いいなぁ。
勝手に評価:★★

やがて目覚めない朝が来るやがて目覚めない朝が来る
(2007/11)
大島 真寿美

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。