おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バカの壁


こんにちは。
仕事に必要な本以外は買わない、おざくです。
ベストセラーも半年~1年くらい待って、

「そう言えば、話題になってたよねー」
って頃に図書館で借りる、おざくでございます(ノ´∀`*)

そんな私が、

「バカの壁」(養老孟司 著)

これ、買ったのね。


え?
仕事に必要だったのか、って?


それがね、微妙でさ。
本当は
買いたく無かったんだけどね(ボソッ


年に1回、総会があるんですけどね
「あ、そうかい」(お約束

スンマセン。

同じ職業の人たちが集まって、
発表したり聞いたりするんですよ。
まぁ、お祭りみたいなもんですね。

でね、今年のメインイベントは

「養老孟司の特別講演!」

今をトキメク養老氏。
生(ナマ)養老ですよ。やっぱ見たいじゃん(ミーハー

養老氏と言えば「バカの壁」
ってくらい、この本売れましたよね。

「やっぱ、読んどくべきだよな」
なーんて思って図書館へ行ったら


ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

予約数 62

借りる頃には講演が終わってる_| ̄|○
てか、来年の総会の頃かもね(あ、そうかい(コラッ

と言う訳で、買いました。

養老氏ってさ、たまにテレビ出て喋ってるの聞いても
なんだか、よくわかんないんだよね。話が。
まぁ、私の理解力の問題なんでしょうけど (´・ω・`)ゝ”

でもさ、今度は本じゃん。
わかんなかったら、前のページ読み直せば良いじゃん。

そしたら
この本・・・

養老氏の独白を文章にしたものだったんですよ。

対談とか講演じゃないですよ。
養老氏が一人でオシャベリしたのを、出版社の人が文にしたんですよ。
って、まえがきの一番初めに書いてありました (つд⊂)エーン
読み始めて、すぐに不安が・・・・。

養老氏のオシャベリ本。
知識がたくさんある分、とりとめが無くなるのか?

おじさんが、自分の好きなことをオシャベリしてる。

そんな印象の本でした。

個性についての話は、なかなか面白かったけど
言っている事は抽象的なのに、展開されていくから
読みにくかった。

なぜこんなに売れたんだろうなぁ。
タイトルが良かったのかな?

で、養老氏の講演ですけど
とりとめなく好きな事を好きなようにお話になり、
気付けば

え?論点どこよ?

みたいな・・・。

ちょっと居眠りしちゃいました(ノ´∀`*)

勝手に評価:★★


20051019102420.jpg
養老孟司 著(新潮社)

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

羨ましい…

養老孟司の大ファンなんです。僕。 


居眠りなんてもったいない…(ぷんぷん)


凄くいいお仕事なさってるんですね、おざくさん。

どさくさにまぎれて僕を紛れ込ますことは可能でしょうか?(笑)

もり | URL | 2005年10月19日(Wed)20:12 [EDIT]


次回は替え玉でどうですか

もりさん、こんばんは。

養老氏のファンなんですね。
すいません。

私の頭では、限界でした。_| ̄|○
見事に見失ってしまいました・・・・。

「紛れ込む」 では無く、私の代わりに行きませんか? (゚Д゚ )!!
 

おざく | URL | 2005年10月20日(Thu)20:40 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。