おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家日和


結婚生活8年目、おざくです。
相棒は41歳、こどもは3歳。
そして、私の腹の中にはもう一人の人間が・・・・。キャー!!
ってことで、ただいま妊娠6ヶ月でございます。

2人目のお産は楽よ。
なんて言われるんですけどね、上の子のお産が壮絶だったので
1人目の時よりも覚悟が必要な気がします・・・・・。
でもまぁ、壮絶でも無事に出てきてくれれば母ちゃんはうれしいぞ。
と言いたいところだけど、できるだけツルンと出ておいでね。頼むでござる。

いろいろあるけど、家族っていいッスね。
そんな感じの短編集でした。

家日和 奥田英朗


ネットオークションにはまる主婦、会社が倒産して主夫になる男、別居夫婦など
夫婦、家族、家がキーワードな短編集でした。

それにしても、なぜにこんなに心理描写が上手いのか。
主人公がおばさんであれ、おじさんであれ、
「その気持ち、わかるよ」とか「いるいる!こういう人」
と思わせてしまうあたり、さすがです。
奥田氏なら、魚の気持ちでも説得力のある表現ができそう。

個人的には、ネットオークションの話が一番面白かったなぁ。
私はオークションやらないけど、「あー、わかるなぁ」って感じでした。

驚きや感動はないけれど、日常の良さが書かれています。
あっさり読めますので、気分転換や休憩時間におススメ。

個人的には、奥田氏の作品は中・長編でじっくり読みたいなぁ。
勝手に評価:★★★★

家日和家日和
(2007/04)
奥田 英朗

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。