おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奪取

ダッシュ ダーッシュ ダッシュッ
キック エーンド ダッシュ (byキャプ○ン翼)
このタイトルを見て反射的に脳内で歌ってしまうのは私だけではないはず。
それにしても3世代自殺って・・・・。ショックだなぁ。
沖田浩之の記事はココ

本日はW受賞作品

日本推理作家協会賞 & 山本周五郎賞 受賞
奪取 真保裕一 


友人の借金返済のために偽札作りを始める主人公。
その工程が細かく書かれていて、つい一万円を取り出して確かめたくなっちゃうほどです。
はじめはちょっとかったるいけど(失礼)、
水田のじいさんが出てくる辺りからグングン面白くなります〈上巻後半)。
偽札への熱い思いっていうか、執念っていうか、なんかすごくて
犯罪なのに「どうか成功してくれ」と応援せずにはいられませんでした。
だってね、すごい労力なんだもん。

作者自身「楽しみながら書いた」と言っているのが納得できるほど
話のテンポは良く、時には芝居がかった台詞で笑いあり、しんみりありでした。

上下巻合わせて1000ページ弱だから、気軽に読むって感じの量じゃないけど
内容はエンターテイメント色が強いので、気軽に読めますよ。たぶん。

これは新聞の連載小説に加筆訂正した作品だそうで、
連載時と文庫ではラストが違うんですって。気になるわよねぇ。
個人的には、文庫のエピローグには引いてしまいました。
あれはナンセンスじゃないだろうか・・・・。
勝手に評価:★★★★

奪取〈上〉 (講談社文庫)奪取〈上〉 (講談社文庫)
(1999/05)
真保 裕一

商品詳細を見る
奪取〈下〉 (講談社文庫)奪取〈下〉 (講談社文庫)
(1999/05)
真保 裕一

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。