おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アサッテの人

DSのドラクエⅣを貰いました。
今更ながら・・・と思いつつもやり始めたら止まらないのよ。これが。
随分前にPSでやったことがあるんだけど、でも夢中になっちゃう。
ようやく気球が手に入りそうだったのに。
だったのに・・・・・。

娘(3歳)にデータを消されてしまいました。 ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!

こんなにショックだったのは、久し振りだぜ。
さらば、勇者どの。

こんな時には、こう言うんだ。

「ポンパッ!!」

第50回群像新人賞、第137回芥川賞をダブル受賞
村上龍以来、約30年ぶりの快挙!   らしいです。

アサッテの人 諏訪哲史

まぶしいくらいの黄緑色の本です。
図書館でその色に目を引かれて、手にとってしまいましたー。

「あら、あなた受賞作品じゃないの」なんて心の中で声を掛けつつカウンターへ。
私にしては珍しく予約無しで借りてきた本です。

失踪した叔父さんの荷物を整理する私。
その私が叔父さんについて小説を書いていて、途中に叔父さんの日記なんかも登場。
叔父さんの言う「ポンパ」とは何ぞや。
「アサッテ」的な発想とは?
奇妙な言動の叔父さんについて、私が分析していきます。

「ポンパ」とか「アサッテ」とか、そのニュアンスはちょっと面白かったけど、
全体的には、この本の良さがわからなかったッス。
芥川賞って、いまひとつ相性が悪いのよね、私。

薄いし字が少ないので、すぐ読めますヨ。
勝手に評価:★★

アサッテの人アサッテの人
(2007/07/21)
諏訪 哲史

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おざくさん、こんばんは~
夜12時前の現在、荒れ狂ってるような風の音が聞こえています
早くこの寒さから開放されたいね

この作品は私もちんぷんかんぷん、良さが全然分らない
解説書が必要みたいな本でした

「悪人」「私の男」どちらも面白かったです
「悪人」は主人公の思いやりがあまりに深くて切なかったし
最後は確かに後味が悪かったですね
やはり主人公の思いを汲んで欲しかったわ
娘に話すと本の方が現実的と言われてしまった(~_~;)
人をとことん信じるのは難しいかもね
おざくさんにとっては随分前の話でごめんなさい

本は時々読んでいますが、感想を書くのが億劫になって・・・
またお邪魔しますね

satuki | URL | 2008年02月13日(Wed)00:01 [EDIT]


satukiさんもこの本読んでたんですね。
ちんぷんかんぷんなのが自分だけじゃなくてちょっと嬉しいです(ノ´∀`*)
「悪人」切ないですよねぇ。ほんと。
それはそうと、「私の男」って何だったっけ・・・・
と思い出せないおざくです。

読んだ本の感想を書くのが億劫ってわかります〈笑
私のブログ更新、滞りっぱなしですが、また来てくださーい♪

おざく | URL | 2008年02月14日(Thu)22:40 [EDIT]


「私の男」は2007年度、下半期の直木賞受賞作品でーす
なかなか、すごい世界ですたい!!
見たいような、見たくないような
図書館で予約を入れると、今だったら5、6月頃になるかもです
一読あれ、オススメです

satuki | URL | 2008年02月14日(Thu)23:43 [EDIT]


satukiさん、コメント感謝です。
「私の男」今図書館のHPで予約をしたら、32人待ちでした(汗
ほんと、借りられるの夏頃かもですね。
忘れた頃に読むのもまた良かったりするので楽しみです♪

おざく | URL | 2008年02月16日(Sat)00:16 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。