おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女たちは二度遊ぶ

恋愛話を聞くの好きですか?
なんかこの本、友達から元カノの話を聞かされてる感じです。
「前付き合ってた女さぁ~」そんな感じ。
短編が11作入っています。
11人の女の話。と言うか、男が語る女の話。

女たちは二度遊ぶ 吉田修一

吉田氏の「悪人」が評判いいので、これ借りてみました。
だって、「悪人」はまだ図書館にないんだもの。

短編集なので、移動時間にサクサク読めます。
文章も読みやすいし、サラリとした内容でした。
あ、でも、決して爽やかな恋愛話ではありません。
なんて言うかな、気だるーいの。
あぁ、そんな話、誰かもしてそうだな。
延々と聞かされたら堪らんなぁ。
と思ってしまいましたが、どうでしょうか。
大人の恋でも青春恋愛話でもなく、そのへんにいそうな20~30代の男の人が、女の話をしている。
感動とか情熱とか、そういうのとは別物の小説でした。
それにしても、どうしてこのタイトルなの?
勝手に評価:★★★

女たちは二度遊ぶ 女たちは二度遊ぶ
吉田 修一 (2006/03/25)
角川書店

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。