おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュミじゃないんだ

わたしが高校生くらいの時は「ボーイズラブ」なんて言葉は存在していなくて、
仲良し数人でそっち方面の映画や小説をキャァキャァ言って
みていたんだけれど、すっかりジャンルは確立されたんだね。
直木賞作家がBLを語る世の中になろうとは、オラ信じられねぇっ!

ボーイズラブって何?」って人から、「もっと面白い作品ないかしら」って人まで。
入門書及び解説書としておすすめでござる。

「シュミじゃないんだ」 三浦しをん

ボーイズラブを愛して止まない三浦嬢が熱く語っています。
単に好みの作品を批評してるんじゃなくて、
「なぜBLが好きなのか」とか「BLのカップリングについて」などなど
分析していて、なかなか面白かった。

最近のBL作品はほとんど読んでいないんだけど
駄作(すまん)が多そうな感じがします。
何でも男同士にすればいいわけじゃないんだー!!
ただやってるだけじゃないかー!!
と、物足りなさと怒りを感じているあなた。
巻末の作品データをご参考くだされ。

「なぜ男同士でなくてはいけないか」それが重要なんだよ。
ゲイ作品はファンタジーなんだ!そうだ、そうだ。
と三浦嬢に大いに賛成!な部分もありました。

近頃は一般の文学作品の中にBL的要素を感じるほうが
BL作品よりも面白いと感じてしまうおざくでございました。
勝手に評価:★★★


シュミじゃないんだ シュミじゃないんだ
三浦 しをん (2006/10)
新書館

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

なんか、わかる気がする。
私も、少女の頃はBLに、ドキドキしていたけれど。
大人になってからは、
普通の作品の中で
「もしかして・・・BL?」
と、妄想を膨らます方が萌ますねぇ。
なんでかしら?

最近のBL物を読んでいないので、
わからないけど
20年近く昔の物とは、ずいぶん違うんでしょうなぁ。

トモリカ | URL | 2007年05月01日(Tue)16:29 [EDIT]


トモリカさんもBLにドキドキしていたなんてー!
と、ちょっと嬉しいおざくでした(ノ´∀`*)
「モーリス」「アナザーカントリー」「苺とチョコレート」などなどを懐かしむおざくですが、
今もう一度観たいか?と聞かれたらNO寄りです。
恋愛のドキドキなパワーって若い子の特権かしら・・って思うほど
最近はちょっとやそっとじゃドキドキできないでいます・・・・。ううう。

おざく | URL | 2007年05月07日(Mon)23:30 [EDIT]


懐かしい~!!
私も『モーリス』『アナザー~』は、観ましたよ♪
私は、もう一回、見てみたい気もします。
きっと、当時とは、感想が違ってくるでしょうが。

トモリカ | URL | 2007年05月09日(Wed)14:18 [EDIT]


おおお、懐かしいとおっしゃるなんて~(喜
「アナカン」を観ていたとは、トモリカさんに近親感です(*´∀`)つ・
今見たら、きっと違う感想をもつだろうなと思う半面、
今となっては、ストーリーをよく覚えてなかったりします・・・・・。
トモリカさん、もしもう一度観てみたら感想聞かせて!!お願い!

おざく | URL | 2007年05月10日(Thu)22:53 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。