おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小林秀雄


おざくです。いつもならとっくに寝てる時間ですが


はい。早いんですよ。
私、寝るのが。

その辺の子どもより早いかもしれませんよ。


あのね、今日はちょっと凹んだことがありましてね、
プチ・ブルーなんですよ。

で、なんだか文も「デス、マス」調な感じです・・・_| ̄|○


ブルーな気持ちを持ち込むなって?
テンション上げていこうぜっ! って?

まぁ、まぁ、たまには良いじゃないですか。
凹み無しの人生なんて、ありえません。


で、今日ご紹介するのは(強引

「様々なる意匠」「歴史」(小林秀雄)です。

今では児童文学書を読んで感動している私ですが、
学生の頃は、「純文学命」みたいな

ちょっとヤバい感じの子でした つД`)・゚・。・゚゚・*:.。


あ、誤解の無いように。
今じゃ、児童書も純文学だと思っていますよ。


学生の頃の私のヤバさって
そうですね

たとえば


Aくん:おざくってどんな本読むの?
おざく:好きな作家は、小林秀雄と太宰かな。


・・・・・・。
普通、引きますね。
ダメな会話例その1、みたいな
どうにかなんねーの
って感じですね。


でも、夢中だったんですよ。
ゲーテ、ツルゲーネフ、ジッド
太宰、谷崎、そして今日紹介する小林秀雄

うーん、こうして挙げてみると

文学少女気取ってただけかも
っていう気もしますが・・・(ノ´∀`*)


で、話は戻ります(強引

なぜ、凹んだ夜に小林秀雄か。



なぜでしょう (オイ


なんか、そんな気分なんですよ。

過去によく聞いていた曲を聞くと、その当時の事や気持ちが
フラッシュバックしませんか?

それにちょっと似ているかもしれません。

若かりし頃に 
って程、私は年老いちゃいませんが

小林秀雄氏のことばに

よし、もうちょっと頑張るぞ (もっと、だろう
と、励まされたものでした。

そんな気持ちを思い出したいのかもしれません。


今日は少しだけ紹介しますね。


「人は様々な可能性を抱いてこの世に生まれて来る。
彼は科学者にもなれたろう、軍人にもなれたろう、
小説家にもなれたろう、然し彼は彼以外のものにはなれなかった。
これは驚くべき事実である。」 (様々なる意匠 より)

  
「私の心は、私の自由になるような、
私に見透かしの利くようなやくざな実在ではない。」(歴史 より)


あまり字が多いと読む気無くすよねー(誰
なので、このくらいにしときます。


この一部分だけの抜粋では誤解されそうですが
決してネガティブじゃ無いんですよ。
優しいんですよ。

興味を持たれた方は是非お手に取って
お楽しみ下さい。


でも
もしかしたら
古い版は慣れるまで読みにくいかもね・・・ (゚Д゚ )

さて、寝るか。


★恐れ多くて勝手に評価できませんでしたー。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おざくさん、こんにちは。ゆずきです。
実は昨日、こちらにきたときコメントするか否か相当悩んでしなかったんです。
初めてコメントする人には、相当の勇気が必要で…
そしたら今日、おざくさんからコメントがきてびっくり。
うれしかったです。

たくさん本読まれているようで、参考にさせてもらおうと思ってます。
ではまた遊びに来ます。



ゆずき | URL | 2005年10月14日(Fri)23:47 [EDIT]


ありがとうございます


ゆずきん、わざわざありがとうございます!!

私も行く先々でいつもコメントしている訳じゃ無いんですよ。
確かに、コメントしようかどうか迷う時ありますよね。

ただ、あの衝撃映像 Σ(゚Д゚;エーッ!
を見てしまったら、素通りできませんでした (笑

コメントを書きながら作っていたゆで卵ですが、
なんとも無く、おいしくいただきましたー (´∀`*)

小心者の私は、殻をむく時
祈るような気持ちでしたけど (ホント ホント

私もまた遊びに行かせていただきます(ノ´∀`*)

おざく | URL | 2005年10月15日(Sat)01:12 [EDIT]


間違えちゃった・・・・

今見直したら、

ゆずきん、て・・・・・・(誰

すみません (汗

編集がうまくいかないので、とりあえずここに書きました。

これに懲りずにまた来て下さい。

おざく | URL | 2005年10月15日(Sat)08:43 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。