おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定番おすしと飾り寿司

屋外で食べると何でもおいしく感じませんか?
どうも、おざくです。こんばんは(ノ´∀`*)
昨日保育園の親子遠足デーだったんですけど、
先週いっぱい子どもは熱を出し、遠足は行けませんでした。
こんな本を借りて、母はやる気を見せてみたんだけれども・・・

「定番おすしと飾り寿司」

料理本で重視するポイントは、なんと言っても写真!
この本は作る工程を丁寧に写真にしてあります。
立体的な空間処理が苦手なおざくにも、これならできそう!
と思って借りてはみたんだけれど
「桜でんぶ」「ゆかり」「たまごやき」などなど
娘は食べないなぁ・・・と思うと作る気力が失せてしまいました。
あ、でも、可愛いのり巻きだと嫌いな食材も食べてくれるのかしら・・
「私にもできそうね」と思わせるほど、分かりやすい本です。
ちょっとアレンジすればアン○ンマンも作れそうですぞ。
勝手に評価:★★★★

定番おすしと飾り寿司―料理ならおかませ 定番おすしと飾り寿司―料理ならおかませ
(2006/03)
世界文化社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

寿司寿司(鮨、鮓、すし)は、主に酢で調味された飯と魚介類や野菜などを組み合わせた日本料理である。語源は酸っぱいという意味の形容詞である酸しとされている。鮓はもともとは塩・麹・糟で漬けた魚のことを、鮨は魚醤の一種を表す言葉であった。寿司は江戸時代中期から使
[続きを読む]

oh!すし! | 2007年11月01日(Thu) 08:08


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。