おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になる部分

たとえばミッフィー。
「うさぎの口がバッテンだよ。なんでだよ。これ口だよね、お母さん。」
私はミッフィー(うさこちゃんと呼んでいた)の口をはじめ、
ミッキーの指が4本しか無いとか、スヌーピーの鼻の位置がおかしいとか、
そんな事が気になって「きゃー、可愛い!」とすぐに言えない子どもでした。
「もー、そんなのいいじゃないの」
確かに。大人になってみれば、そんなのどうでもいいんだけど、
子どもの頃、釈然としない出来事ってありませんでしたか?

そんな気になる部分がたくさん書かれています。
爆笑必至ですぞ。ご用心くだされ。

気になる部分岸本佐知子

岸本佐知子さんは、翻訳家です。
私はこのエッセーを読むまで知りませんでしたが、
色々訳本出てるので、そのうち読みたくなるほど、このエッセイ面白かったよー。

岸本さんて自分と似てるって思う人もいるんじゃないかな。
一人しりとりやったり、懸賞結果の正解者数に疑問をもったり、
そんな日常の気になる部分を独特の口調(?)で書いています。
え?
一人でしりとりやらない?まじで?

えーと。えへん(咳払い)。
前半は日常のエッセイ、後半は創作なのかな?短編のお話が入っていました。
最高っす。肩の力が抜けますよ。
岸本さんて、頭の良い人なんだなぁ。と惚れてしまいました。
「ねにもつタイプ」(新刊)も楽しみだなぁ。
勝手に評価:★★★★★

気になる部分 気になる部分
岸本 佐知子 (2000/09)
白水社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。