おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

碧空

今日は晴天ですね。おざくです。
碧空」と書いて、「あおぞら」と読みます。
凛一シリーズ2作目。

碧空 長野まゆみ

凛一少年は高校2年生。
想い人(男)は京都の大学へ進学してしまいました。
そこへ謎めいた上級生登場(もちろん男)!
強引な上級生に心(体も)揺れる凛一なのでした。

うーん。
それにしても、凛一はキスをされてばかりです。
おいおい、なぜ君まで凛一くんにキスをするのだね。
という展開もありましたが、まぁ、いいでしょう。

耽美な小説。
胸がキューンとしたり、しなかったり。
「嫌いぢゃないぜ。」

勝手に評価:★★★★

碧空 碧空
長野 まゆみ (1998/11)
集英社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。