おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白い兎が逃げる

お蕎麦を完食し、更新中。
年越し気分満載でお送りいたします。

推理小説はお好き?
「本格推理小説」というコピーが気になって借りました。

白い兎が逃げる 有栖川有栖

臨床犯罪学者、火村氏のシリーズです。
有栖川氏の作品を読むのはこれが初めてなので
ドキドキしつつ読みました。
4作品入っているんだけど
どれも見破れなかったです(トリック)。
「えー、そんなのアリ?」と感じた部分もあったけど
どうなんだろう。

江戸川乱歩を夢中になって読んだ子どもの頃を思い出して
ちょっと懐かしい気分になりました。

シリーズ全部読むか、というと微妙だなぁ。
勝手に評価:★★

白い兎が逃げる 白い兎が逃げる
有栖川 有栖 (2003/11/18)
光文社

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。