おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のような幸福

どうも、どうも更新中。
仕事が忙しい時って、物語を読むのが億劫になりませんか。
なんか、自分の事でいっぱいいっぱいで他の事考えるのが面倒になっちゃう。
そんなこんなで、エッセイばかり3冊読みました。
まずは、これ。

夢のような幸福 三浦しをん

つづきを表示

スポンサーサイト

ぬしさまへ

ううむ。3月が終われば、3月が終わればぁ・・・
と、呪詛の言葉のように繰り返しながら、ようやく30日。
なんとか仕事が一段落しそうだよ、若旦那。

若旦那と妖たちの物語。
読み終えて随分経つから、どんなだったかなぁ・・・。
とAmazonを見てから更新する始末でござる。かたじけない。

「ぬしさまへ」 畠中恵

西の魔女が死んだ

魔女になりたいと思ったことは一度や二度ではないんだけれど、
私の場合は「魔法を使える=楽ができる」的な
怠惰な精神で魔女に憧れていたわけで
魔女になるための修行は大変だとか特殊能力には苦労がつきものとか
そんなことはちっとも考えていなかったんだけど
でも本当の魔女はキッチリしっかりしているのかもしれないな
と思ったのでした。

久し振りにホロリとしたステキな作品でした。

日本児童文学者協会新人賞
新美南吉児童文学賞
小学館文学賞       受賞作品

西の魔女が死んだ 梨木香歩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。