おざくでござる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嗤う伊右衛門

先週末から4日間京都へ行っていました。
と言っても仕事だったので、自由時間は19時以降。
ちっとも自由なんかじゃ無いですよ。ほんと。
何にも観光できなかったのに、靴擦れしちゃって
坂の多い街を呪いたくなりました(仕事で行ったくせに)

いやいや、でもさぁ京都弁って良いですなぁ。
京都弁の女の子はみんな可愛く見えちゃいました。
そんな京都への行き帰りに読んだ本。

嗤う伊右衛門 京極夏彦

つづきを表示

スポンサーサイト

月魚

今年の目標は、自分で着物を着られるようになること、のおざくです。
「和のものに手を出すのって中年の兆しよぉ」
などと言われちゃいましたけど、まぁそうなんでしょう。
ここはいっちょう貫禄をつけて、着流しでもしたいもんです。

古書をめぐるお話。
主人公の一人は、和服の似合う若旦那でございます。

月魚 三浦しをん

明日の記憶

「認知症」って用語的に絶対変だと思う。
意味わかんないもん。
「痴呆」って語感が悪いのはわかるけど、
他にもっと良い案はなかったのかなぁ・・・。
医学的用語ではまだ「アルツハイマー性痴呆」と言ってます。
そんな病気を発症してしまった男性が主人公。
映画にもなりました。

明日の記憶 萩原浩

若葉のころ

もし生まれ変わったら・・・・なんて聞かれても
面倒くさいから嫌だなぁと答えてしまうおざくですが、
もしもどうしても生まれ変わってしまうんだったら
頭脳明晰な美少年にしてください。お願いっ。

登場人物は容姿端麗、頭脳明晰な少年ばかりの凛一シリーズ。
ついに完結でございます。
若葉のころ

彼等

通常なら自宅で読書などしない おざくですが、
正月の退屈さに負けて、ゴロゴロと読んでいました。
そして、凛一シリーズも3作目。
あの2人はどうなるのかしら・・・とドキドキ。
だけど、意外な展開でした。

彼等 長野まゆみ

碧空

今日は晴天ですね。おざくです。
碧空」と書いて、「あおぞら」と読みます。
凛一シリーズ2作目。

碧空 長野まゆみ

白昼堂々

あけましておめでとうございます。
お正月が終わったと思ったら、3連休ですよ。
この3連休を6月にまわしてー!と叫びたいおざくでございます。

白昼堂々  長野まゆみ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。